FAA諮問委員会が離陸のためにWi-Fiをクリア

連邦航空局(Federal Aviation Administration)は、多くの旅行者(そして必然的に他人の嫌悪者)の喜びに、新しい勧告のおかげで離陸のためにWi-Fiとモバイル機器の使用をクリアすることに一歩近づいています。

私たちは、CESの周りを30-40マイル(私たちが運んでいたFitbitによると、CES 2012で37.5マイルを歩いた)を突き進めることを楽しみにしているので、私たちは何を残すことができるのか、最近検討した製品から追加する必要があります。

Wi-Fiを主張している数多くの研究と組み合わせた乗客からの何年もの要求と、飛行機上の航行機器の妨げとなることのないFAAは、この夏に、10,000フィート以下の飛行中の電子機器の安全性と使用に関する調査を実施しました。

これは、乗客が目的やフォームファクターにかかわらず、乗客がオフにしてすべての電装品を積み込むことを乗務員が義務づけているときに、離着陸時の飛行時間の窓を明確に示します。

これは、一部の旅行者にとってはかなり迷惑になることがあります。多くの批評家は、少なくともeリーダーのような単純なデバイスを許可することは容認できると考えられるべきだと主張してきた。

9月下旬までに、複数のニュース・レポートが、FAAのレトリックにおける変化の風に指摘した。

FAAが設立した諮問委員会は、離陸や着陸時にWi-Fiやモバイル機器の使用に関するほとんどの制限を緩和する動きをしていると伝えられているという。

ウォールストリートジャーナル紙のウォールストリートジャーナル紙の報道によると、この期間中に諮問委員会が実際にWi-Fi利用に緑色の光を与えているようだ。

モビリティ; 400ドルの中国のスマートフォン?アップルとサムスンは安いライバルを追い払い、とにかく価格を引き上げる、iPhoneは耐水iPhone 7のAppleの保証は液体の損害をカバーしない;移動性;オーストラリアの航空会社はSamsung Galaxy Note 7を禁止する; Telcos、Telstra、Ericsson、Qualcommは1Gbpsの合計速度ライブ4Gネットワ​​ークテストで

神経質な旅行者(そしてそれ以外の人たち)を楽にしてくれる委員会の勧告については、

このパネルは、機器の稼働状況や無線伝送モードが何であっても、安全性の観点から「大部分の航空機は大丈夫」と判断したグループの技術小委員会を率いた役人。

Amazonの世界公共政策担当副社長、Paul Misener氏によると、ほぼ全ての航空艦隊が「すでに劇的に改善されており、航空機は非常に弾力性がある」と、委員会は「Gate to Gate use」そのようなデバイス。

キャッチすることは、旅行者は、自分の携帯電話サービスを使用するのではなく、航空会社からのWi-Fiアクセスにサインアップ(翻訳:支払い)する必要があるということです。

しかし、少なくともオプションは、おそらく年末までに利用可能になるでしょう。

400ドルの中国のスマートフォン?アップルとサムスンは安いライバルを追い払い、とにかく価格を引き上げる

耐水iPhone 7のAppleの保証は液体の損傷をカバーしていません

オーストラリアの航空会社がSamsung Galaxy Note 7を禁止

テルストラ、エリクソン、ライブ4Gネットワ​​ークテストで1Gbpsの総合速度を達成