Gartnerがトップ10ベンダーをリストアップしているため、RAMのブームは2014年に7.9%伸びた

ガートナーが発表した暫定数字(火曜日)によれば、メモリチップ市場が好調に推移したことにより、世界の半導体売上高は前年比7.9%増の3,998億ドルとなった。上位25社のベンダーは、2013年に比べて収益が11.7%増加しました。

ビッグデータ分析、MapR創設者のJohn Schroederが辞任、COO、After Hours、Star Trek:50年にわたる積極的な未来主義と大胆な社会的解説、Tech Industry、ブリティッシュエアウェイズの乗客はITの停電により混乱に直面している。国際送金システム

PC業界のミニ・リカバリーにもかかわらず、収益面で最大のチップ・メーカーであるインテルにとっては、それほどうまくいかなかった。しかし、2013年の10.1%の減少とは対照的に、2014年の売上高は4.6%増加しました。

ガートナーによると、「インテルはラップトップとデスクトップでAMDの市場シェアを引き続き獲得している」とし、2014年には4,000万タブレットプロセッサの目標を達成するためにもペースを上げている”これらのチップの多くは、100ドル/ 100ポンド未満の価格の7インチおよび8インチWindows 8.1タブレットに登場しています。

インテルは、市場の15%を占めて23年連続でNo.1半導体企業としての地位を維持しましたが、リードがどれくらい長く続いていくかはまだ分かりません。サムスンは、昨年の売上高を15.1%増やし、現在、売上を拡大するために韓国の新しい工場に150億ドルを費やしている。クアルコムは、Snapdragonプロセッサが引き続きスマートフォン市場を支配しているため、11.5%の成長率で3位を獲得しました。

しかし、ガートナーは、「SKハイニックスとマイクロン・テクノロジーは、トップ10ベンダーの成長が最も強く、堅調なメモリ市場を最大限に享受している」と述べた。マイクロン・テクノロジーの売上高は41.0%、SKハイニックスの売上高は26.1%増加した。 DRAMのチップは、SKハイニックスの売上高の約80%、マイクロンの約70%を占め、Micron社はNAND(フラッシュメモリ)チップへの生産を増やしています。

ルネサスエレクトロニクスとSTマイクロエレクトロニクスは、売上高が約9%減少したため、2015年にはMediaTekが好調に推移しました。もしそうなら、それはトップ10を作る最初の台湾企業になるでしょう。

最後に、AMDのファンにとって、同社のチップ収入は9%増の46億7000万ドルとなり、市場シェアは1.4%で15位となりました。

ガートナーは、最新のレポートである市場シェア分析:世界の半導体売上総額(2014年)で上位25社の半導体ベンダーに関する詳細情報を提供しています。

MapRの創設者John Schroederが辞任し、COOが辞任

スタートレック:50年の積極的な未来主義と大胆な社会的解説

ブリティッシュ・エアウェイズの乗客はITの停電により混乱に直面する

国際送金のブロックチェインシステムをテストするためのビザ