シスコ、iPhone商標の使用をAppleに訴える

この訴訟はまた、iPodメーカーがフロント会社を使用してその名前の権利を取得しようとしていると非難している。

カリフォルニア州サンフランシスコで開催されたMacworld Expoで新しいiPhoneを発表した際に、カリフォルニア州北部地方裁判所に商標権侵害の訴訟が提起され、シスコはアップルを非難した。

シスコは訴状で、アップル社がiPhoneの権利を何度も取得しようとしていたと述べたが、シスコが拒否した後、訴訟によると、同社は権利を別の方法で取得しようとするフロント社を創設した(PDF: )

シスコのシニアバイスプレジデント兼ゼネラル弁護士、マークチャンドラー氏はインタビューで、シスコとアップルの両社がiPhoneの名前を使用することを許していた契約を、この契約の1つの側面は、シスコのLinksysインターネットテレフォニー製品とAppleの携帯電話との間の何らかの技術的相互運用性を求めていました。チャンドラー氏は、製品を相互運用可能にすることで、両方の製品のターゲットとなる可能性の高い顧客間の混乱を緩和することができるようになることを期待している。

シスコはコンテナのスタートアップContainerX、イノベーション、リオオリンピックの技術遺産、インターネットの購入、シスコは最新のリストラで5,500人の雇用を削減する、ネットワーキング、シスコは最大14,000人のスタッフを雇用する:レポート

チャンドラー氏によると、同社は月曜日午後8時に交渉テーブルを出発し、わずか数点で交渉を進めた。その後、火曜日に、アップル社CEOのスティーブ・ジョブズがMacworld Expoでステージを上げ、多くの賛辞の中で新しい「iPhone」を発表した。

チャンドラー氏は、製品の発売前に交渉が完了することが重要であると指摘し、「われわれの名前は無断で使用されることはないと予想していた。そして大企業が使用権のない製品名を発表するのは驚きです。

チャンドラー氏は、シスコがアップルの発足後すぐに交渉を完了する必要があることを明らかにしたが、シスコはまだアップルから聞いていないと述べた。

シスコは、アップル社が同社の名前だけでなく損害賠償を受けることを妨げる差し止め命令を求めているという。

彼の歴史の中で最大の新製品のひとつである新製品Jobsは、彼が今まで働いていた最もエキサイティングな製品のひとつと言われていました。 Appleの広報担当ナタリー・ケリス氏は、「シスコの商標訴訟はばかげていると思う。商標登録は最善ではないと信じている」と述べた。

Kerris氏は、すでにVoIP(Voice over IP)製品にiPhoneの名前を使用している企業がいくつか存在していると述べ、「iPhoneを携帯電話に初めて使用したのは同社だ。シスコが弊社に挑戦したいのであれば、我々は勝利すると確信しています。

シスコは、2000年に、カリフォルニア州レッドウッドシティーのInfogearを買収し、コンピュータなしでインターネットに簡単にアクセスできるようにするコンシューマ機器を開発した。 Infogearは1996年3月に実際にiPhoneの商標を登録していた。シスコのホームネットワーク部門であるLinksysは、昨年初め以来、新しいIP電話のボイスにiPhone商標を使用しているという。そして先月、LinksysはiPhoneファミリを追加製品で拡張しました。

Orate Telecommunications Servicesと呼ばれる英国の会社も、iPhoneと呼ばれるVoIP電話を家に近づけて提供しています.Teledexという会社は、ホテルの部屋にiPhoneを提供しています。

チャンドラー氏によると、シスコは他の企業がiPhoneの名前を使用していることを認識しており、これまでシスコは「この名前の使用を含む執行措置」に携わっていたという。

アップルは、スマートフォンの携帯電話技術とiPodの音楽やビデオプレーヤーの機能を組み合わせた新しい携帯電話について、1年以上にわたって推測してきた。ファンやブロガーは、アップルが設計した携帯電話をiPhoneと呼んでいましたが、アップルがその商標を入手しようとしたのは、Appleがそのモニカを使用することを望んでいたことを明らかにしています。

シスコは、2001年にAppleがiPhone商標の権利取得について最初に訴えたとの訴状で、Appleは何年も前から、2006年のいくつかの試みを含め、権利の要求を続けていたと述べた。

「シスコがアップルにそのマークを付けることに興味を持っていないと言われたときは、シスコの訴状が読んでいる。

シスコの訴状によると、Appleは明らかにCiscoの決定を受け入れようとしていなかったため、2006年9月26日に米国の商標を使用することを申請したOcean Telecom ServicesというWilmington、Del。シスコの同社は、この申請書で「Appleが所有しているか他の方法で管理されており、Appleの自我です」と述べています。 Appleは2006年9月19日頃、iPhone用の商標をオーストラリアに提出しました。

オーシャンテレコムサービスの米国出願とアップルのオーストラリア出願には、トリニダード&トバゴで2006年3月27日に行われた商標出願が含まれています。訴状では、シスコは、この文書への言及は、各ファイリングでほぼ同じであり、Ocean Telecomが実際にAppleによって所有されていると信じていると述べています。

この訴訟はまた、iPodメーカーがフロント会社を使用してその名前の権利を取得しようとしていると非難している。

カリフォルニア州サンフランシスコで開催されたMacworld Expoで新しいiPhoneを発表した際に、カリフォルニア州北部地方裁判所に商標権侵害の訴訟が提起され、シスコはアップルを非難した。

シスコは訴状で、アップル社がiPhoneの権利を何度も取得しようとしていたと述べたが、シスコが拒否した後、訴訟によると、同社は権利を別の方法で取得しようとするフロント社を創設した(PDF:シスコの商標侵害訴訟)。 )

シスコのシニアバイスプレジデント兼ゼネラル弁護士、マークチャンドラー氏はインタビューで、シスコとアップルの両社がiPhoneの名前を使用することを許していた契約を、この契約の1つの側面は、シスコのLinksysインターネットテレフォニー製品とAppleの携帯電話との間の何らかの技術的相互運用性を求めるものでした。チャンドラー氏は、製品を相互運用可能にすることで、両方の製品のターゲットとなる可能性の高い顧客間の混乱を緩和することができるようになることを期待している。

チャンドラー氏によると、同社は月曜日午後8時に交渉テーブルを出発し、わずか数点で交渉を進めた。その後、火曜日に、アップルのCEO、スティーブ・ジョブズがMacworld Expoでステージを上げ、多くの賛辞の中で新しい “iPhone”を発表した。

チャンドラー氏は、製品の発売前に交渉が完了することが重要であると指摘し、「われわれの名前は無断で使用されることはないと予想していた。そして大企業が使用権のない製品名を発表するのは驚きです。

チャンドラー氏は、シスコがアップルの発足後すぐに交渉を完了する必要があることを明らかにしたが、シスコはまだアップルから聞いていないと述べた。

シスコは、アップル社が同社の名前だけでなく損害賠償を受けることを妨げる差し止め命令を求めているという。

彼の歴史の中で最大の新製品のひとつである新製品Jobsは、彼が今まで働いていた最もエキサイティングな製品のひとつと言われていました。 Appleの広報担当ナタリー・ケリス氏は、「シスコの商標訴訟はばかげていると思う。商標登録は最善ではないと信じている」と述べた。

Kerris氏は、すでにVoIP(Voice over IP)製品にiPhoneの名前を使用している企業がいくつか存在していると述べ、「iPhoneを携帯電話に初めて使用したのは同社だ。シスコが弊社に挑戦したいのであれば、我々は勝利すると確信しています。

シスコは、2000年に、カリフォルニア州レッドウッドシティーのInfogearを買収し、コンピュータなしでインターネットに簡単にアクセスできるようにするコンシューマ機器を開発した。 Infogearは1996年3月に実際にiPhoneの商標を登録していた。シスコのホームネットワーク部門であるLinksysは、昨年初め以来、新しいIP電話のボイスにiPhone商標を使用しているという。そして先月、LinksysはiPhoneファミリを追加製品で拡張しました。

Orate Telecommunications Servicesと呼ばれる英国の会社も、iPhoneと呼ばれるVoIP電話を家に近づけて提供しています.Teledexという会社は、ホテルの部屋にiPhoneを提供しています。

チャンドラー氏によると、シスコは他の企業がiPhoneの名前を使用していることを認識しており、これまでシスコは「この名前の使用を含む執行措置」に携わっていたという。

アップルは、スマートフォンの携帯電話技術とiPodの音楽やビデオプレーヤーの機能を組み合わせた新しい携帯電話について、1年以上にわたって推測してきた。ファンやブロガーは、アップルが設計した携帯電話をiPhoneと呼んでいましたが、アップルがその商標を入手しようとしたのは、Appleがそのモニカを使用することを望んでいたことを明らかにしています。

シスコは、2001年にAppleがiPhone商標の権利取得について最初に訴えたとの訴状で、Appleは何年も前から、2006年のいくつかの試みを含め、権利の要求を続けていたと述べた。

「シスコがアップルにそのマークを付けることに興味を持っていないと言われたときは、シスコの訴状が読んでいる。

シスコの訴状によると、Appleは明らかにCiscoの決定を受け入れようとしていなかったため、2006年9月26日に米国の商標を使用することを申請したOcean Telecom ServicesというWilmington、Del。シスコの同社は、この申請書で「Appleが所有しているか他の方法で管理されており、Appleの自我です」と述べています。 Appleは2006年9月19日頃、iPhone用の商標をオーストラリアに提出しました。

オーランド・テレコム・サービスの米国の出願およびアップルのオーストラリア出願には、トリニダード・アンド・トバゴで2006年3月27日に行われた商標出願が含まれています。訴状では、シスコは、この文書への言及は、各ファイリングでほぼ同じであり、Ocean Telecomが実際にAppleによって所有されていると信じていると述べています。

Endpoint Technologies Associatesのアナリスト、ロジャー・ケイ(Roger Kay)氏は、状況を評価するうえで鈍かった。

これはSteve(Jobs)側の真鍮のボールで、そこに行ってその商標を手に入れ、ライセンスを払ったり交渉したりしなかっただけです。それは傲慢さの高さだ」と彼は基本的に彼がそれを取り除くことができると考えている。

しかし、長期間にわたる訴訟はどちらの会社にも役立たないため、両社は相違を解決する可能性が高いとケイ氏は述べた。シスコの深いポケットに言及すると、「アップルはシスコと一緒にチキンを食べている。

ボストンの法律事務所であるBromberg&Sunsteinの共同設立者であるBruce Sunsteinは、シスコは記録的な商標権者であり、すでにiPhoneの名前を使用して製品をリリースしていることを明らかにしている。 「登録がある人は、登録していない人よりも良い立場にある」

Appleの唯一の選択肢は、iPod、iTunes、iMacなどの商標の「iFamily」が、誰がiPhoneを作るのかについて顧客の心に混乱を招くと主張することだとSunstein氏は言う。それは疑問ではないが、一般的にシスコの商標権に対する明確な権利を持つ企業は、家族の議論をしている企業よりも強い議論をしている、と彼は言った。

また、他の国での商標出願は、シスコのiPhone商標に関係していないとSunstein氏は述べている。 「アップルがオーストラリアで優れた権利を持つ可能性があるという事実は、米国にいかなる権利も与えていない」(同氏)

シスコが火曜日に発表したように、AppleのKerris氏は、両社間の交渉状況について、AppleがiPhone発売前の夜にCiscoから書類を受け取ったかどうかなど、コメントをしていない。

米国では、裁判所は、商標の類似性、商標の認知度、消費者の「実際の混乱」があるかどうかなど、13の要素のリストに基づいて商標権の争いを評価しています。

同様の分野における同一の製品名は、裁判所が過去に元の商標権者と争うのを助長しました。

連邦控訴裁判所による2003年の判決では、「Red Bull」テキーラを販売する会社が商標を求めた。しかし、裁判所は、Schlitz社の麦芽飲料を裁定し、Red Bullとも呼ばれていますが、すでに商標登録を受けており、2つ目のアルコール飲料の間に「混乱の可能性」が生じます。

連邦法では、商標紛争の敗者は、問題のデバイスの販売の結果として受け取った利益を引き渡すことができ、看板、ラベル、およびパッケージングを破棄する必要があります。

このウェブサイトNews.comのDeclan McCullaghがこのレポートに貢献しました。

Endpoint Technologies Associatesのアナリスト、ロジャー・ケイ(Roger Kay)氏は、状況を評価するうえで鈍かった。

これはSteve(Jobs)側の真鍮のボールで、そこに行ってその商標を手に入れ、ライセンスを払ったり交渉したりしなかっただけです。それは傲慢さの高さだ」と彼は基本的に彼がそれを取り除くことができると考えている。

しかし、長期間にわたる訴訟はどちらの会社にも役立たないため、両社は相違を解決する可能性が高いとケイ氏は述べた。シスコの深いポケットに言及すると、「アップルはシスコと一緒にチキンを食べている。

ボストンの法律事務所であるBromberg&Sunsteinの共同設立者であるBruce Sunsteinは、シスコは記録的な商標権者であり、すでにiPhoneの名前を使用して製品をリリースしていることを明らかにしている。 「登録がある人は、登録していない人よりも良い立場にある」

Appleの唯一の選択肢は、iPod、iTunes、iMacなどの商標の「iFamily」が、誰がiPhoneを作るのかについて顧客の心に混乱を招くと主張することだとSunstein氏は言う。それは疑問ではないが、一般的にシスコの商標権に対する明確な権利を持つ企業は、家族の議論をしている企業よりも強い議論をしている、と彼は言った。

また、他の国での商標出願は、シスコのiPhone商標に関係していないとSunstein氏は述べている。 「アップルがオーストラリアで優れた権利を持つ可能性があるという事実は、米国にいかなる権利も与えていない」(同氏)

シスコが火曜日に発表したように、AppleのKerris氏は、両社間の交渉状況について、AppleがiPhone発売前の夜にCiscoから書類を受け取ったかどうかなど、コメントをしていない。

米国では、裁判所は、商標の類似性、商標の認知度、消費者の「実際の混乱」があるかどうかなど、13の要素のリストに基づいて商標権の争いを評価しています。

同様の分野における同一の製品名は、裁判所が過去に元の商標権者と争うのを助長しました。

連邦控訴裁判所による2003年の判決では、「Red Bull」テキーラを販売する会社が商標を求めた。しかし、裁判所は、Schlitz社の麦芽飲料を裁定し、Red Bullとも呼ばれていたが、すでに商標登録を受けており、2つ目のアルコール飲料の間に「混乱の可能性」が生じる。

連邦法の下では、商標紛争の敗者は、問題のデバイスの販売の結果として受け取ったいかなる利益も引き渡すことができ、看板、ラベル、および梱包を破壊する必要があり得る。

このウェブサイトNews.comのDeclan McCullaghがこのレポートに貢献しました。

シスコ、コンテナのスタートアップコンテナを購入

リオオリンピックのハイテク遺産

シスコは最新のリストラで5,500人の雇用を削減する

シスコは、最大14,000人のスタッフを雇用しています。