中国、韓国、BRICK諸国の特許出願をリード

いくつかの新興市場におけるイノベーションに関する調査によれば、中国と韓国は、新規発明特許の数が急速に発展している他の国々を上回っている。

Thomson ReutersのIntellectual Property&Science Businessが今週発表したこの調査は、2006年から2010年の間に発見された特許出願は世界中で約15%増加しました。 BRICK(ブラジル、ロシア、インド、中国、韓国)諸国の中で、2010年には中国と韓国が84%を占めています。

中国と韓国は、電気機械やコンピュータ技術などのハイテク産業に向けての提出を集中していたが、インドの特許プロファイルは医薬品や有機精密化学に支配されていた。ロシアは食品化学と医療技術に焦点を当てていたが、ブラジルはすべての技術にわたって比較的均一な特許分布を持っていた。

中国は世界的にトップを占め、韓国の出願を急増させ、中国も特許出願件数をリードし、米国を発明特許で世界トップの出願国に仕立て上げた。中国の発明家は、同じ期間に米国で提出された503,500件と比較して、526,000件以上の特許出願を2011年に提出した。

Linus TorvaldsのGPLとの愛憎関係、銀行業務、Googleはオーストラリアからの交渉の保証を望んでいる大銀行

中国における特許出願も、10年前の63,000件から2010年には39万件に増加した。

韓国の提出書類は、10年前に急増した後、2005年以降、年間170,000件に達している。 2001年には、申請件数はわずか10万件を超えました。

インドはまた、特許出願件数が着実に伸びており、BRICK諸国の特許出願で第3位となるロシアを来年までに引き継ぐ見通しだと指摘した。

しかし、他の国の特許出願件数の増加は、アメリカの法律事務所の仕事の増加と必ずしも相関がないとフォーリー&ラードナーのパートナーであり、ジョージ・ワシントン大学ロースクールの知的法律プログラムの元ディレクター、ハロルド・ウェグナー氏は、トムソン・ロイターが発表した声明で明らかにした。

ウェグナー氏によると、中国で特許保護を申請している企業のうち、米国ではほとんどの企業で同様の保護が求められていた。

しかし、米国弁護士が中国に従事していないことを意味するわけではなく、中国の米国弁護士が、地元の弁護士との業務を含む米国企業のIP(知的財産権)施行戦略を手助けしていることを指摘した。

中国の国家知的所有権庁(SIPO)のガオ・シャオニング(Gao Shaoning)副局長は、中国の通信機器メーカーHuaweiとZTEは、中国本土で最も多くの発明特許を取得したと述べた。新華社通信が報じた。

中国はHuaweiに2,734件、ZTEに2,727件の特許を、シンセンに本拠を置く台湾Foxconnの子会社は1,099件の特許で3番目の特許を付与した。

SPIOの統計によると、2012年に国内外の出願人に対する217,105件の発明特許が認められ、前年度より26.1%増加した。

?パース警察は制限されたコンピュータにアクセスしました

大韓民国最高裁は、サムスン従業員の白血病症例は仕事に関係しないと規定している

Linus TorvaldsのGPLとの愛憎関係

Googleはオーストラリアの大手銀行からの交渉を保証したい