キヤノンデジタルIXUS 500レビュー

500の快適なグリップを得るのは比較的簡単です。あなたの右手の親指には十分なスペースがあり、深さによって左手がカメラの上部と下部を着実に固定できます。多くの競合他社は大画面に移行しましたが、フルサイズのボタンに合わせて小型の1.5インチLCDを採用しました。

500のコントロールは、小さな体の周りに適度に分散されています。それらの配置は論理的で、計量、ドライブモード選択、フラッシュなどの最も頻繁に使用される機能に素早くアクセスできます。多くのIXUSモデルと同じように、不透明なFuncボタンを押すと、露出補正、ホワイトバランス、ISO感度、エフェクト、画質などのより高度なオプション専用のメニューが表示されます。

CanonはIXUS 500に基本的なスナップショット機能を装備しました。その3倍ズームレンズは、f / 2.8からf / 4.9の合理的に速い最大開口を持ちますが、36mmから108mmの範囲(35mmカメラ換算)でかなり狭い画角を提供します。プログラムされた自動は唯一の露出モードですが、プラスまたはマイナス2EVに露出補正を適用するのは簡単です。光感度は自動または手動のいずれかで、選択可能なISO設定は50,100,200,400です。評価、中央重点またはスポット測光を選択できます。ホワイトバランスのために、自動オプション、5つのプリセット、および手動制御があります。 500は必要なものすべてを提供しますが、コンテキストヘルプメニュー、構成ガイドライン、シーンプログラムモードなどの最先端のスナップショット機能が必要な場合は、別の場所で見る必要があります。

IXUS 500は4つの解像度と3つの圧縮レベルでJPEG写真をキャプチャすることができます。また、640×480ピクセルの30秒間のクリップ、1秒間に10フレームのMJPEGビデオをサウンドとともにキャプチャできます。このムービーモードは、より長時間、15fpsまたは30fpsでVGAフッテージを記録できる最新のカメラとはよく似ていません。

昨年末の中期的な性能は、Canon Digital IXUS 500の魅力からやや減りました。スタートアップには約3.5秒かかり、モードを切り替えて画像を再生するにはカメラの動きが遅い。シャッター遅れは良好な光で0.9秒持続し、フォーカスアシストランプは暗い状態で約1.2秒の遅れを保つのに役立ちます。ショット・ツー・ショット時間は屋外でわずか2秒以上で、フラッシュで3秒後に少し伸びます。連続撮影モードでは、約1.5フレーム/秒で500発射されます。

レンズのズームトラベルは速いですが、ちょっとぎこちなく、少し騒々しいです。良好な光でオートフォーカスはかなり決定的にロックされ、暗い環境では少なくとも10フィートにアシストランプが有効になります。カメラがISOを自動的に選択すると、キヤノンはフラッシュの最大範囲を11フィートに設定します。

光学ファインダーを使用する人はほとんどいません。合理的にはっきりしていますが、小さくて明るくないもので、実際の画像の80%しか表示しません。 1.5インチでは、LCDは比較的小さいですが、シーンの100%を示し、屋外でシャープで使いやすいです。

ほとんどの場合、Canon Digital IXUS 500の写真はかなり気に入っています。ほとんどの写真は正確に露出され、魅力的な鮮明さとディテールを示します。プリセットとマニュアルのホワイトバランスオプションはわずかに過飽和な色になりますが、自然な肌色でニュートラルでリアルに見えます。いつものように、キヤノンの自動ホワイトバランスは、屋内の照明の下で惨めに暖かい画像を作り出します。

ISO 50とISO 100では、ノイズはほとんどありませんでした。それはISO 200でかなり中等度のままでしたが、このクラスのカメラではレベルは珍しくありませんでしたが、ISO 400で顕著になりました。多くの5メガピクセルモデルのように、ノイズリダクション処理は細部とテクスチャを滑らかにすることがありました。

編集者メモ:Canon Digital IXUS 500は、米国のCanon PowerShot S500と日本のIXY Digital 500として知られています。

Canon Digital IXUS 500;会社名:Canon Australia;価格:AU $ 899;販売元:特定の販売店;電話番号:1800 021 167

Microsoft Sprightly、First Take:スマートフォンに魅力的なコンテンツを作成する

Xplore Xslate D10、First Take:挑戦的な環境のための厳しいAndroidタブレット

Kobo Aura ONE、First Take:8GBの大容量電子書籍リーダー

Getac S410、First Take:タフで屋外にも快適な14インチノートパソコン