クラウドトラフィックを推進するAPAC、2016年にブロードバンド加入者

世界中のクラウドトラフィックは、クラウドトラフィックとクラウドワークロードを最も多く生成するアジア太平洋地域を中心に、2016年には6倍に拡大する予定であり、加入者数が最も多い。

シスコシステムズのグローバルクラウドインデックスによると、クラウドトラフィックは、2011年の年間683エクサバイトから2016年までに4.3ゼットバイトに44%の年平均成長率(CAGR)で成長するだろう。

同じ年に、アジア太平洋地域は、クラウド空間の伝統的なリーダーである北米とヨーロッパに比べて、毎年1.5キロバイトで最も多くのクラウドトラフィックを生成します。アジアは2016年に最も多くのクラウドワークロードを処理し、グローバルクラウドワークロードの36%を占め、次に北米では1740万回のワークロード、つまりグローバル数の26%を占めます。

シスコのクラウド対応地域の詳細に基づき、シスコおよび国際電気通信連合(ITU)の9000万件を超える記録を記録したこのインデックスには、香港、日本、韓国、シンガポール、台湾が含まれています。全体的な消費者およびビジネスの固定ネットワーク。

香港は、全世界で27,710Kbpsと22,570Kbpsで最速のダウンロード速度とアップロード速度を誇っています;消費者およびビジネスの固定ネットワーク特性に基づくクラウド対応の観点から、アジア太平洋諸国は、中国、インド、インドネシア、マレーシア、フィリピン、タイ、ベトナムなどがあります。

クラウドコンピューティングの成長に影響を及ぼす他の傾向には、複数のデバイスの普及が広がっているほか、あらゆるネットワーク上でいつでもどこでもアプリケーションやコンテンツにアクセスするユーザーの期待が高まっていることが挙げられます。

シスコの企業マーケティングシニアバイスプレジデントであるDoug Merritt氏は次のように述べています。「今年の予測では、データセンターの使用率とクラウドトラフィックの急速な増加は、あらゆる場所で個人やビジネスのコンテンツにアクセスするという欲求が高まる中、 。

メリット氏は、「この成長と接続デバイスやオブジェクトの増加を組み合わせることで、次世代のインターネットは、データセンターの仮想化と相互接続された新しいクラウドの世界を実現するための不可欠な要素となる」と語った。

エンタープライズソフトウェア、Sweet SUSE! HPは、Linuxディストリビューションを支えるLinuxディストリビューション、Cloud、Twilioは新しいエンタープライズプランを展開し、CloudはIntel、Ericssonはメディア業界に重点を置くようにパートナーシップを拡大、XeroはBPay支払いのためにMacquarie Bankと提携

人口増加による加入者数の増加ブロードバンドユビキタスでは、固定ブロードバンドおよびモバイルブロードバンドサービスを利用する人口が北米および西欧で、2011年から2016年までの期間アジア太平洋地域では、ブロードバンド加入者の数が予測されており、その地域の人口が多いため、引き続きリードし続けています。

2016年までに、アジア太平洋地域には40億人の人口があり、固定ブロードバンド加入者は11億人、ブロードバンド加入者数は16億9000万人で、総加入世帯の28%と42%を占めます。

シスコは、モバイルおよび固定接続上のビジネストラフィックとコンシューマトラフィックの地域平均ダウンロード速度とアップロード速度と待ち時間に基づいて、すべての地域が少なくとも基本レベルのクラウドサービスをサポートできると述べています。

この焦点は、現在、ネットワーク機能を向上させ、高度なクラウドアプリケーションの組織とエンドユーザーが期待していることをサポートするために継続しています」と報告書は指摘しています。

甘いSUSE! HPEがLinuxディストリビューションに突入

Twilio、新しいエンタープライズプランを発表

インテル、エリクソン、メディア業界に注力するためのパートナーシップを拡大

?Xero、BPAY支払いのためにMacquarie Bankと提携