HPのサービスとクラウドソリューションを提供するEDS

HPがEDSを139億ドルで購入したとき、ほとんどの人はHPがサービス会社を購入する必要があると理解しているかもしれません。 IBMはその後、世界で最大のコンピュータ会社であり、IBM Global Servicesの大きな助けとなっていました。 HPも同様のものを必要としていたため、競争力のある最大のITサービス企業の1社を買収しました。

この販売に関する疑問は、HPがEDSと何をするのかという単純な質問に集中しました。別の言い方をすれば、計画は何だったのでしょうか?

今週、ウィーンのHPのソフトウェアユニバースで、その計画が何だったかがわかります。大まかに言えば、雲のことです。 HPのソフトウェア部門責任者、トム・ホーガン氏は、HPが莫大なリソースを捧げようとしているクラウドという言葉が好きではないが、ソフトウェアユニバースの多くの幹部がさまざまな時にそれを綴っている。クラウドの重要な要素の1つがインフラです。クラウドは、インターネット上で動作するアプリケーションに関するものです。クラウドアプリケーションと見なされるためには、特別な方法で作業する必要がありますが、根本的にはクラウドのことです。 HPの役員にこのインフラストラクチャーをどのように提供するか尋ねるたびに、回答の詳細はさまざまでしたが、根本的に答えは同じでした:EDS。

巨大なサービスとアウトソーシング企業として、EDSにはインフラストラクチャーがあります。 EDSのおかげで、HPにはすでに30億ドルのサービスビジネスがあります。その多くは、サービスに関するHPのビジョンに対応するSaaS(software-as-a-service)アプリケーションに結び付けられています。このビジョンは、HPハードウェア上で動作し、SaaSアプリケーションとして動作するアプリケーションを世界中の多くの企業に提供することです。

HPの場合、これらの要素を組み合わせると、IBMと競合する心配があります。または、会社が望んでいる。

スタートレック:私たちの科学は科学のフィクションに近い9つの方法

スタートレック:50年の積極的な未来主義と大胆な社会的解説

Kobo Aura ONE、First Take:8GBの大容量電子書籍リーダー

Star Trek:50年の積極的な未来主義と大胆な社会的解説、モビリティ、Kobo Aura ONE、First Take:大画面電子リーダー8GBのストレージ;イノベーション;すべての時間の最先端の技術発明高度な文明

高度な文明のすべての時間の最高の技術の発明