BMC、Compuwareがメインフレームのコストを狙う

最大のメインフレームソフトウェア企業の2社であるBMCとCompuwareは、メインフレームのコスト削減を推進する3つの重要な技術を統合しています。

zEnterprise用BMCコストアナラ​​イザー:これはBMCのワークロード管理ソリューションで、月額ライセンスコスト(MLC)ドライバーを特定し、そのコストを削減するための対策を講じます。これには、ワークロードを非ピーク時に移行すること、より少ない論理区画(LPAR)でIBMサブシステムを実行すること、LPARの使用をキャッピングすることなどがあります。

彼らは、Web、モバイル、およびThingsアプリケーションのインターネットがメインフレームのトランザクション量を増やしていると言い、CIOが管理し続ける必要があるコストを押し上げます。

両社は、この統合は、自社の組織内での互いの技術の使用を含む広範なパートナーシップの一環として計画している数々のうちの最初のものであると述べた。

BMC MainView:これは、アプリケーションのパフォーマンスの問題をリアルタイムで特定することで、消費者が無駄な消費を排除できるよう支援することを目的としています。

3つの技術は

これらの企業は、BMC Cost Analyzerを使用してCompuware Strobeを呼び出す1つの統合を指し、ピークMLC期間の特定のアプリケーションコンポーネントの詳細な分析を指します。これにより、顧客は毎月のソフトウェアライセンスコストに最も大きな影響を与えるアプリケーションを積極的に調整することができます。

BMC MainViewとの統合により、顧客は自動的にまたは手動でStrobeのパフォーマンス分析を呼び出すことができ、メインフレームスタッフは作業​​をチューニングしながらより迅速かつ一貫してコストを削減できます。

BMCのZSolutions and Select Technologies社のBill Miller氏は、「当社の主要ソリューションの統合は、ビジネス需要の増大とリソース制約の厳しい組み合わせに対応するため、メインフレームの顧客がさらに高いコスト効率を達成するのに役立ちます。

Compuware Strobe:これは、IBM z Systems環境内のアプリケーション・コードの振る舞いを詳細かつ実用的に把握することを目的としています。 Compuwareによれば、メインフレーム管理者は非効率的なサブルーチンを突き止め、必要以上に20倍以上のMSU消費を招くことができます。

参考文献

CompuwareはCovisintのスピンオフを発表

IBMはz13を展開し、メインフレームをモバイル・トランザクション用に再配置します

Micro Focus、Attachmateとの1.2億ドルの合併契約を締結

ビッグデータ分析、Big Data Analytics、DataRobotはデータサイエンスの欠点を自動化することを目指している、Big Data Analytics、MapR創設者のJohn Schroederが辞任し、交換するCOO

LinkedInが新しいブログプラットフォームを発表

これはBig OLAPの時代ですか?

DataRobotは、データサイエンスの果実の低さを自動化することを目指しています

MapRの創設者John Schroederが辞任し、COOが辞任