中国企業がシリをシ

アップルは、中国の上海にある企業が、iPhoneデバイス上にあるSiri音声対応のパーソナルアシスタント機能に使用されているソフトウェア特許を侵害していると非難されている。

Zhizhen Network Technologyは上海No.1中級人民裁判所の審理で否定した「Xiao i」という音声認識ソフトウェアの特許をAppleが侵害したと主張した。

AppleはZhizhenの告発が不明で、SiriがXiao iの技術的特徴の1つであるゲームサーバーを持っていないため、Siriが特許を侵害しなかったという証拠が不足していると述べた。

しかし、SiriとXiao iの動作モードが同じであれば、上海の会社は侵害があったと言いました。また、iPhone 4S、iPhone 5、およびiPad Miniなど、Siriを使用するすべてのAppleデバイスに適用される侵害を主張しています。

Linus TorvaldsのGPLとの愛憎関係、銀行業務、Googleはオーストラリアからの交渉の保証を望んでいる大銀行

Zhang氏の弁護士であるユアン・ヤン氏は、「アップルは、訴訟を提起した後、シリのアプリケーションでさらに多くの製品を発表した」と語った。「これらの製品はいずれも、シャオ・イ・ロボットの音声認識ソフトウェアの特許権を侵害していると思う。

昨年上海日報によると、Zhizhenは2012年6月21日にAppleが中国でSiriとの製品の生産と販売を停止するよう要求したが、裁判所は外交ルートを通じて通知を送付することを決定したため、アップルは米国に拠点を置く。

Zhizhenの広報担当者Mei Liは、同社が2003年からXiao iチャットロボットシステムを開発していたと述べた。Zhizhenは、2006年に発効した2004年に中国でXiao iの特許権を申請した。 1年後に2007年に開発されたと彼女は指摘した。

Appleは2010年にSiriを買収し、2011年にiPhone 4Sを発売したときにその機能をデビューさせました.Siriはユーザーの音声コマンドに応答して動作します。

Mei氏は、「Siriは、チャットで私たちの特許権を侵害していると思う。私たちは誰もがiPhoneを見ることができ、iPadsは広く中国で販売されているので、

Zhizhenは補償を要求していないが、特許権を確認するよう裁判所に求めていると述べた。一方、Appleは中国の国家知的所有権庁にXiao iの特許無効化を要求した。裁判所は裁判所が拒否したが、証拠を発見するために両当事者に別の裁定を下したと、この判決の下で裁判所を中止するように裁判所に要請した。

しかし、AFP通信によると、水晶(Zhizhen)を代表する弁護士Si Weijiang氏は、Appleの侵害が確認されれば、Appleに特許権を使用した製品の製造販売を中止するように求めている。将来的に補償を要求する可能性を排除するものではありません。

Zhizhen氏によると、Xiao iの製品は中国で1億人以上のユーザーを抱えており、電気通信、金融、電子商取引などの多くの分野で広く使用されているとAFPが報告している。

Zhizhenとの紛争は、Appleが中国の会社ともう一つの法的な戦いを終えた後に起こる。昨年、アップル社は6000万ドルを支払ったが、両社が所有権を主張していた「iPad」の名前に長年にわたる商標侵害を解決するため、深センのプロフェクト・テクノロジーに支払った。

2012年7月、アップルはまた、米国で提訴されたSiriの特許訴訟に直面した。台湾のCheng Kung大学は、Siriの音声認識が米国の特許の2つを侵害していると主張した。

?パース警察は制限されたコンピュータにアクセスしました

大韓民国最高裁は、サムスン従業員の白血病症例は仕事に関係しないと規定している

Linus TorvaldsのGPLとの愛憎関係

Googleはオーストラリアの大手銀行からの交渉を保証したい