ビジネスオブジェクトとSAPはオーストラリアの狙撃

ビジネスインテリジェンスベンダーBusiness Objectsのローカル部門は、親SAPとの新たな関係に落ち着くオーストラリア市場の野心的な目標について説明しました。

ビッグ・データ・アナリティクス、ビー・データ・アナリティクス、ビジネス・ウェアハウスのHANA専用バージョン、SAP、SAP HANAイノベーション・アワードの受賞者、ビッグ・データ・アナリティクス、SAPはVivandaに投資し、食品デジタル化、大企業

オーストラリア・ニュージーランドのBusiness Objects副社長兼マネジングディレクター、Rob Wells氏は、「オーストラリアの状況では、50〜60%未満の成長は残念だ」と語った。

経営幹部はこれが「非常に積極的な成長目標」だと認めたが、SAPコミュニティにおけるビジネスインテリジェンスの利用の増加と既存の顧客空間の成長を促進することによって達成可能であると考えていると述べた。 SAPは9ヶ月前にグローバルにBusiness Objectsを買収しました。

調査会社IDCの2007年の数値によると、SAPとBusiness Objectsは、19.2%の市場シェアを持つグローバルなビジネスインテリジェンス市場を率いています。ビジネスオブジェクトは14.2%にすぎません。しかし、オーストラリアでは、Cognosが市場シェアを20%弱下回り、Business Objectsが18%以下で続いています。

ビジネスオブジェクトのようなCognosは、大企業によって飲み込まれました。 IBMの買収は今年初めに承認された。オラクルは、2007年中頃にHyperionを購入したことで、ビジネスインテリジェンスの買収に特化しました。

アナリスト会社IDCのソフトウェアリサーチに力を入れているUllrich Loefflerは、ビジネスインテリジェンス市場全体が成長しているため、CognosとBusiness Objectsの両方が好調に推移するだろうと述べた。

Loefflerによると、両買収はビジネスインテリジェンスベンダーの独立を最前線に置いているが、買収者と買収に参加する動きが起こるだろうという。 「舞台裏では、製品の統合、テクノロジの統合について、より多くのことを進めています。

Loeffler氏によると、企業のビジネスインテリジェンスソリューションだけでなく、エンタープライズアプリケーションやデータベースを使用している場合よりも優れた機能性を実現することを目標としています。「SAP顧客がBusiness Objectsおよびその逆。”

後ろの部屋で快適になる一方で、SAPとBusiness Objectsは自社のバックオフィスシステムを統合し、Business ObjectsをSAPのコアに移行しました。ウェルズによると、人事、CRM、ファイナンス、ファイアウォールなどすべてが統合されている。

それは大きな仕事だ」と彼は言ったが、「これほど良いことだ。

Business Objectsの従業員の無痛な移行の秘密は、SAPの対応者と密接に関連してきています。 Wells氏は、「我々はSAPに仲間がいる。

可能であれば、従業員を1つのオフィスに移す予定ですが、既存のシドニーオフィスとメルボルンオフィスの容量問題のためにオーストラリアでは起こりません。

Wells氏は、バックオフィスの移行がうまくいっていないと述べ、買収を見ている人は、これがうまくいくかどうかを確認するためには、もっと待つ必要があり、今後のSAPの結果を「この問題が有効かどうか”

Loefflerによれば、ビジネスインテリジェンスベンダーの統合とマイクロソフトの参入により、近い将来、価格が製品のバンドルによってヒットするとの見方が出てきます。

「1プラス1つは決して2つではない」と彼は語った。

アナリストによると、マイクロソフトは、特に、その大きな顧客層と開発者コミュニティのおかげで利点を持っています。 Loeffler氏は、「実際にバンドルされた製品は、財政的支援を受けて無料で提供されているようです。

「彼らは間違いなく収益シェアを増やすことになるが、時間がかかるだろう」と続けた。オーストラリアのビジネスインテリジェンス市場におけるマイクロソフトのシェアは一桁に過ぎない。

調査によると、SAP HANAは節約をもたらし、それはおそらく真実です

SAP、ビジネスウェアハウスのHANA専用バージョンを開始

SAP HANAイノベーションアワード受賞者発表

SAPは食品デジタル化、ビッグデータ会社Vivandaに投資します