Appleは、イスラエルのフラッシュメモリのスタートアップAnobit

アップルはフラッシュメモリーとデジタル信号処理技術に焦点を当てたイスラエルの新興企業Anobitに対して、4億〜5億ドルを払う予定であると伝えられている。

イスラエルのCalcalistに報告されているこの取引は、Appleがデバイス上のメモリを増やして信頼性を向上させることを望んでいることを示しているかもしれない。 CalcalistレポートのGoogle翻訳版があります。

Anobitの製品は、すでにAppleのiPhone、iPad、MacBook Airに統合されています。 Anobitにはエンタープライズストレージ製品もあります。

契約が成立した場合、AnobitはAppleの最大の買収の1つを代表する。 Appleは2008年にPA Semi、2010年にIntrinsityという2つのハードウェア会社を買収した。

Calcalistは、Appleがフラッシュメモリチップへの独占的アクセスを得るためにAnobitを買収しようとしていると推測している。ハイニックスとサムスンはともにAnobitの顧客です。

Anobitのメモリ信号処理テクノロジには、独自の信号処理アルゴリズムと高度なエラー訂正、革新的なフラッシュ管理スキームが含まれています。目標は、システムコストを削減しながら耐久性とパフォーマンスを改善することです。

TechCrunch経由で

インテル、4K UHDを大衆に押しつける第7世代プロセッサを発表

プロセッサー、4K UHDを普及させる第7世代プロセッサーを発表、プロセッサー、ビジョンとニューラルネットがより強力なチップの需要を押し上げるデータセンター、NVIDIAは仮想GPUの監視、分析を開始、ハードウェア、IntelがZen

ビジョンとニューラルネットがより強力なチップの需要を押し上げる

NVIDIA、仮想GPU監視、分析を開始

AMD、IntelとZenの優位性を打ち消す