IT予算にもっと慎重なCIO、より多くのアウトソーシングを計画:調査

チーフ・インフォメーション・オフィサーは、来年のIT支出の堅調な増加を期待しておらず、より多くのアウトソーシング・イニシアチブを開始しています。より多くのIT作業はインドに行くのではなく、他のアジアの国に行くでしょう。

これは、情報管理協会(SIM)のメンバーの間で実施されたCIOの優先順位に関する最新の調査の要点です。この調査は、グローバルIT管理研究所のジェリー・ルフマン博士(Jerry Luftman)教授とエグゼクティブディレクターによって行われました。

2012年の予算は、2011年の56%と比較して、48%の割合で増加しました。予算の減少は、2011年のわずか17%と比較して、34%の回答者が経験しています。2013年には46%予算が減少すると回答したのは21.8%だった。2011年の予測では2012年に予算が減少するとの見通しはわずか15%だった。

CIOの過半数がITスタッフの給料を増やしています。 2012年には、2011年のスタッフの66%の増加と比較して、2012年のITスタッフの60%は給与が増加しました。一方、2011年の給与は11%減少し、2011年の8%からわずかに増加しました。 ITスタッフの給与は13%減少すると予想しています。

コラボレーション、今日のデジタルワークプレイスの構成原理は何ですか?クラウド優先度、接続の良好なハイブリッドクラウドの7つの必須要素、プリンタ、ブラジル、Windows 10への投資をリコーが引き上げ、MicrosoftがWindows 10周年のアップデートによるPowerShellの問題を修正

IT予算の多少の部分は、オフショアアウトソーシングプロジェクトに行くでしょう。平均して、今年の5%に対して、2013年の予算の7%がアウトソーシングに割り当てられるだろう。 2011年のシェアは2%でした。

アウトソーシングはどこに行くのですか?インドは引き続き主要先であるが、シェアは58%から43%に低下している。フィリピンは4%から12%、西ヨーロッパは6%から13%へと上昇しています。

実際には、予算の分担が平準化されてクラウド化しています。 2011年には、20%の企業がIT支出の10%以上をプライベートクラウドに費やしました。これは、このレベルを費やした回答者の12%にまで下がりました。パブリッククラウドサービスの場合、IT予算の5%以上を占める割合は19%から16%に増加しました。ここでは、単にアプリケーションとシステムの展開の一部であるため、予算項目として「クラウド」が少なくなっています。

企業全体の収益はIT部門に向かうため、CIOは過去に比べて企業の拡大鏡の下にいる可能性があります。 2012年のIT予算は、企業収益の5%で2011年の4%から増加しました。

(写真:米国労働統計局)

今日のデジタルワークプレイスの構成原理は何ですか?

よく接続されたハイブリッド雲の7つの要点

リコー、ブラジルへの投資を拡大

Microsoftは、Windows 10周年の更新によってPowerShellの問題を修正した