FireEye、iSightパートナーを2億ドルで買収

サイバーセキュリティベンダーのFireEyeはiSight Partnersを2億ドルで買収した。

ダラスに本拠を置くiSightは、企業向けのサブスクリプション脅威情報サービスを提供しています。同社は、オンライン脅威とサイバー犯罪の証拠を探すために、17カ国のセキュリティ専門家チームを雇用しています。

昨年、iSightはそのサービスの請求額で5千万ドルを計上し、イランとロシアでのサイバーキャンペーンの暴露についていくつかの評判を得ました。

FireEyeは、iSightがデジタル防御のポートフォリオのいくつかのギャップを埋めることができると期待しています。 FireEyeは、予約部門で数四半期にわたって苦労した後、エンタープライズセキュリティとより特殊化されたセキュリティ製品へのワンサイズのアプローチを超えて動き出しました。

FireEyeは、特定の脅威プロファイルに合わせた製品を探している組織にアピールするために、FireEyeがVisaで計画しているのと同様に、業界特有の業界で新しいサブスクリプションモデルを追加する予定だと語った。

買収は1月14日に終了しました.FireEyeは、バランスシート上で12億ドルの現金を処理しました。予備的な結果では、FireEyeは、第4四半期の売上高は、これまでの184百万ドルから1億8,500万ドルの範囲になると予想していると述べた。

iSightについては、今後2年間で一定の目標が達成されれば、同社は売却益75百万ドルを追加する予定です。

FBIは、米国の政府関係者をハッキングしたとの態度で、Crackasのメンバーを逮捕した

Star Trek:50年にわたる積極的な未来主義と大胆な社会的解説、MicrosoftのSurfaceオールインワンPCが10月のハードウェアの発売を見出し、iPhone 7、新しいApple Watch、AirPodを手がけ、GoogleはApigeeを6億2,500万ドルで買収

WordPressは、重要なセキュリティホールを修正するために今アップデートするようユーザに促す

ホワイトハウス、連邦最高情報セキュリティ責任者を任命

国防総省のサイバー緊急対応を批判したペンタゴン

米連邦捜査局(FBI)はCrackasのメンバーを逮捕し、米国政府の役人をハッキングした姿勢を示している;セキュリティ、Wordpressはユーザーに重大なセキュリティホールを修正するように今更新するよう強く促す;セキュリティ、ホワイトハウスは連邦最高情報セキュリティ責任者政府の監視による緊急対応