Amazon Webサービス、データパイプライン、分析用のEC2インスタンスを開始

Amazon Web Servicesは、インメモリー・アプリケーションと重量のある分析ワークロード用に設計された新しいEC2インスタンス・タイプを展開しています。同社はまた、さまざまなシステムを通じて情報を移動するData Pipelineを立ち上げました。

新しいツールはAmazon Web Services(AWS)のラスベガスで開催されたInvent会議でAmazon CTOのWerner Vogelsによって発表されました。

AWS Data Pipelineは、アナリティクスシステム、S3などのサービスでルーティングされるデータフローを自動化するオーケストレーションサービスです。簡単に言えば、Data Pipelineは、異種システムから情報を収集して実行するWebサービスです。デモでは、新しいHadoopクラスタとデータノードを作成する方法が強調されました。

さらに、AWSは分析用に設計された新しいEC2インスタンスを展開しています。具体的には、AWSはクラスタの高メモリEC2インスタンスタイプを公開しています。このインスタンスタイプには、240 GBのRAMと2個の120 GBソリッドステートストレージドライブが含まれます。 「これはインメモリに使用したいインスタンスタイプです」とVogels氏は述べています。

他のEC2インスタンスは、117GBのRAM、24台のハードドライブ、48TBの高記憶容量のものです。

これらの動きにより、Amazonは大きなデータと分析インフラストラクチャを提供する方向に向かっています。データウェアハウジングインフラをサービスとして提供するAWSの動きと相まって、同社は分析ツールスイートを構築することを目指していることは明らかです。

Amazon Web Services:RackspaceのOpenStackが顧客のレーダーに匹敵しない、Amazon Web ServicesがRedshiftをサービスとして開始し、Amazon Web ServicesがS3価格を引き下げ、ノックする古いガードライバル、BitYotaが目のデータウェアハウスをサービスとして開始、NetApp、Amazon Web Servicesがハイブリッドクラウドストレージ協定を締結

甘いSUSE! HPEがLinuxディストリビューションに突入

エンタープライズソフトウェア、Sweet SUSE! HPは、Linuxディストリビューションを支えるLinuxディストリビューション、Cloud、Twilioは新しいエンタープライズプランを展開し、CloudはIntel、Ericssonはメディア業界に重点を置くようにパートナーシップを拡大、XeroはBPay支払いのためにMacquarie Bankと提携

Twilio、新しいエンタープライズプランを発表

インテル、エリクソン、メディア業界に注力するためのパートナーシップを拡大

?Xero、BPAY支払いのためにMacquarie Bankと提携