最高の品種:obitの必要はありません

Cognosと他の中規模のソフトウェア会社が部屋のゾウ(Oracle、Microsoft、IBM、SAP)と統合すると、ベスト・オブ・ブリードのコンセプトは生命維持にあります。しかし、患者は長期間重大な状態になることはありません。

ビッグ・データ・アナリティクス、ビー・データ・アナリティクス、ビジネス・ウェアハウスのHANA専用バージョン、SAP、SAP HANAイノベーション・アワードの受賞者、ビッグ・データ・アナリティクス、SAPはVivandaに投資し、食品デジタル化、大企業

すべての指標とは対照的に、ベスト・オブ・ブリード・アプローチは死んでいない。それは単に新しいものに変身しているだけです。伝統的に定義されているベストプラクティスのアプローチは、次のようになります。エンタープライズは、必要なものがあれば最高のソフトウェアを見つけ出し、アプリケーションを一緒にします。たとえば、ERPの場合はSAPを使用し、その上にビジネスインテリジェンスのためにCognosを配置します。あなたは最高のデータベースをしたいですか?あなたはOracleを使用します。 HR? PeopleSoft。あなたはその考えを得る。

この従来のベスト・オブ・ブリード・アプローチは、オラクルが大規模な統合を開始して以来、何年も前から続いてきました。価値のあるソフトウェア会社を選びなさい。それは買収されるでしょう。実際、あなたが買収していない場合、Wall Streetersはあなたに何が間違っているのだろうかと思います。今日、独立系ソフトウェアベンダーは恐竜です。結局のところ、CIOは1つのベンダーの喉が詰まることを望んでいると言われています。ビジネスウィークのスティーブ・ハムは、IBMのIBM Cognos買収に伴う不安を捉えています。

そしてハムのポイントは心配です。カテゴリとしてのビジネスインテリジェンスはもう存在しません。カテゴリ全体が取得されました。 RBCのアナリスト、Mike Abramskyは、IBMはCognosを購入しなければならないため購入したと述べています。 SAPはBusiness Objectsを買収し、OracleはHyperionを買収した。ビジネスインテリジェンスは重要なカテゴリーであるため、除外しないように多くのプレッシャーがあります。

Abramskyの書き込み

より大きく成長の遅いソフトウェアプレーヤー(ORCL、SAP、MSFTなど)は、BI、セキュリティ、ECMなどの分野で成長企業を引き続き獲得し、顧客の足跡を拡大し、収益成長を維持し、コモディティ化を防ぎます。

Abramskyの最終点 – 買収は防衛を果たす方法であることは注目に値する。どうして?それは、これらのスイート愛好家ソフトウェア大手が、新しいラッパーではあるが、最高の品種アプローチをまだ心配していることを示しています。

最善の方法の将来は、アプリケーションとアーキテクチャへのアプローチと関係しています。 Dana Blankenhorn氏によれば、オープンソースには最高の品揃えのプロジェクトがたくさんあります。その一方で、アーキテクチャーは独自のソフトウェアの優位性を奪う可能性があります。 Webサービスとサービス指向アーキテクチャー(SOA)は標準アプリケーションを置き換えます。最良の品種は自家製のアプリからサービス、そしてプロセスまですべてを意味します。ベストオブは、SaaSを意味します。最高の品種は、最高のリターンと最低のコストで仕事を達成するものになります。

一方、巨人が支配する市場を含めて市場を混乱させる新興企業が常に存在します。最高の品種のこの未来の未来はまだここにはないが、それは来ている。そういうわけで、巨人はすべてのものを手に入れているのです。

調査によると、SAP HANAは節約をもたらし、それはおそらく真実です

SAP、ビジネスウェアハウスのHANA専用バージョンを開始

SAP HANAイノベーションアワード受賞者発表

SAPは食品デジタル化、ビッグデータ会社Vivandaに投資します