Retina 4Kディスプレイ(2015)を搭載したApple 21.5インチiMacレビュー:眩惑を表示しますが、オプションは少なくレビュー

iMacの27インチバージョンは、プロフェッショナルなグラフィックスやビデオ用のワークステーションとして、より大きなiMacを効果的に再配置したRetina 5Kディスプレイの導入など、昨年のような重要なアップデートを多数受け取りました-編集。

対照的に、iMacの21インチバージョンは近年無視されています。そのエレガントなデザインは多くのレセプションエリアとエグゼクティブデスク(多くの場合、企業のファッションステートメントの一種)、その比較的控えめな仕様ライバルのPCメーカーのデスクトップシステムに比べて高価に見えてしまった。したがって、2015年のこのアップデートは長期間延期されており、ここでレビューされたトップ・オブ・ザ・レンジ・モデルは、待望の改善を数多く導入しています。

いつものように、20.5版の21.5インチiMacには3つの標準構成が用意されています。 Appleが去年発売した「手頃な価格のモデル」は、まだ899ポンド(元VAT、すなわち749.17元のVAT)であり、その前身の1,920ドルを1,080解像度で維持している。しかし、そのモデルは控えめなアップデートしか受けておらず、1.6GHzのデュアルコアIntel Broadwell Core i5プロセッサは、中規模の価格でエントリーレベルのパフォーマンスしか提供しないということを意味します。

21インチの4K iMacには、最近更新された27インチモデルの5Kディスプレイが加わりました。

より強力な性能が必要な場合は、2.8GHzで動作するクアッドコアBroadwellプロセッサーを搭載したモデルがありますが、価格は1,049ポンド(VAT、すなわち874.17ポンドVAT)に上昇しますが、 080の解像度。どちらのモデルも同様の仕様のPCよりもかなり高価で、Appleはその高い価格設定を正当化するためにiMacのすばらしいスリムラインデザインに頼っているようだ。これは、iMacの27インチ対応の5Kディスプレイとディスクリートグラフィックスカードを使った、真に積極的な価格設定とは対照的です。

アップルのマジックキーボード、オプションのマジックトラックパッド(フォースタッチ付き)、マジックマウスはすべてアップデートされています。

Appleはまた、ワイヤレスマジックマウスとマジックキーボードをアップデートしました。マジックキーボードには充電式バッテリが含まれています。キーボードも再設計されており、タイピング時によりしっかりした、より快適な感触を提供します。しかし、テンキーパッドと機能キーのセットが不足しているため、集中的な高速タイピングやナンバー・クランチングには適していません。 AppleのMagic Trackpadも新バージョンが登場しました。これは現在大型で、最新のMacBookラップトップに最近導入された圧力に敏感なForceTouch機能も含まれています。これは従来のマウスの魅力的な代替品ですが、別途追加費用として44ポンド(付加価値税、または36.66元の付加価値税)を追加するだけで利用できます。

最初の2回のiMacのアップデートは、スピードバンプのようなものではありませんが、残念ながら、ここで検討されたトップモデルは、待望のRetinaディスプレイの形でより重要なアップデートを獲得しています。価格は1,199ポンド(元VATまたは999.17元VAT)で同じですが、このモデルの表示は1,920から1,080倍になり、4,096×2,304解像度のフル4Kディスプレイにステップアップしました。画質は確かに印象的です。前身と比べてより鮮明で詳細なだけでなく、画像も目立つほど明るく、よりカラフルです。 Macオペレーティングシステムに組み込まれているスケーリング技術もうまく機能し、テキスト、アイコンなどのグラフィック要素がその高解像度でも明瞭で読みやすいようにします。

トップエンドの3.1GHz 21.5インチiMacは、4,096 x 2,304解像度とDCI-P3色空間サポートを備えたRetina 4Kディスプレイを搭載した唯一のモデルです;アップル

Apple iMac、4K Retinaディスプレイ(21.5インチ、2015)

4K Retinaディスプレイは、5K対応のものと同じDCI-P3カラースペースをサポートしています。これにより、最新のプロフェッショナルdSLRカメラとビデオカメラでキャプチャできるフルレンジのカラーを再現することができます(一方、従来のsRGBカラースペースを引き続き使用しています)。これらの分野のプロフェッショナルユーザーは、27インチモデルではより大きな5Kディスプレイとより優れたパフォーマンスを選択する可能性が高くなりますが、ハイエンドの写真編集やビデオ編集を必要とするユーザーにとっては確かに魅力的です。

Retina 4Kディスプレイ搭載の21.5インチiMacには、健全な3.1GHzで動作するクアッドコアのBroadwell i5プロセッサーと、8GBのRAMが搭載されています。これは、4Kディスプレイの解像度が高いほど、それを駆動するにはかなりの馬力が必要です。 1,867MHzで動作するように更新されました。しかし、この「トップ・オブ・ザ・レンジ」モデルには、1TBのストレージ容量を備えた5,400rpmのエージング・ドライブが搭載されているに過ぎないことに失望しています。また、前身のNVIDIA GT 750Mグラフィックスカードを放棄し、現在はBroadwellプロセッサの統合Iris Pro 6200 GPUに依存しています。

公平であるために、Broadwellプロセッサは、ハイエンドの27インチ対応のマルチコア・パフォーマンスのGeekbench 3スコア12,750で非常に上手く動作します。しかし、統合されたグラフィックスに依存しているため、Retine 4Kディスプレイ付き21.5インチiMacは、Cinebench R15テストスイートを実行するとOpenGLのパフォーマンスが48fpsと比較的緩やかに管理されます。これは、最近更新された27インチiMac。

このモデルのBTO(build-to-order)アップグレードオプションも非常に限定されています。恐らく高価なユーザーには高価な27インチモデルを選択させることになります。個別のグラフィックスカードを追加するオプションはなく、ユーザーがiMacをアップグレードできるようにするためのスリムなシャーシ内に拡張スロットはありません。 3.3GHzモデルで追加の160ポンド(付加価値税、または133.33元の付加価値税)がかかります。だが、アップル社はストレージのアップグレード価格を引き下げたが、パフォーマンスを向上させるために120GBのソリッドステートストレージを追加したハイブリッドFusionドライブを導入したことで、さらに80ポンド(VAT相当、66.66 ex。VAT)。

それは確かに完璧ではない – ストレージとグラフィックスコンポーネントによるAppleの近視眼的なコスト削減は永遠の弱点だ – しかし、価格を変えないAppleの決定はRetina 4Kディスプレイを備えた21.5インチiMacがお金のためにかなり良い価値を提供することを意味するその前身よりも。確かに、4KディスプレイはMicrosoft Officeを使いたいビジネスユーザーにとっては贅沢なものかもしれませんが、印象的な画質とBroadwellプロセッサーの強力なパフォーマンスにより、Retina 4Kディスプレイ付き21.5インチiMacは魅力的です高速で汎用性の高いデスクトップコンピュータが必要なユーザーに最適です。

Microsoft Sprightly、First Take:スマートフォンに魅力的なコンテンツを作成する

Xplore Xslate D10、First Take:挑戦的な環境のための厳しいAndroidタブレット

Kobo Aura ONE、First Take:8GBの大容量電子書籍リーダー

Getac S410、First Take:タフで屋外にも快適な14インチノートパソコン