富士通シーメンス景観S2レビュー

Scenic S2の最も注目すべき点は、デスクトップとして、または2つのサポートを追加して、スリムラインタワーユニットとして設定できるケースです。 Scenic S2は、そのコンパクトな寸法にもかかわらず、フロントパネル上の重要な接続をすべて提供します。マザーボードには、2.2GHz Pentium 4プロセッサが搭載されています。

富士通シーメンスのPro Manageabilityソフトウェアでサポートされている機能には、熱管理機能があります。この機能は、特殊アプリケーションやBIOSで調整することができます。これにより、可能な限り最もシンプルな操作でシステムをセットアップすることができます。ハードディスクの音響管理が有効になっていると、Scenic S2は静かになりますが、ハードディスクのパフォーマンスが低下するというトレードオフがあります。

256MBのDDR RAMを搭載した富士通シーメンスのD1332マザーボードは、高性能、低騒音、および多くのポイントでセットアップできるため、Scenic S2のベンチマーク性能は可動式のものです。デフォルトの「中間」設定を使用して、システムはBusiness Winstone 2001のスコアを44.6としました。これは、私たちが記録したデスクトップPCの中で最も速いスコアから遠く離れていますが、Scenic S2は主流の生産性アプリケーションを優れた速度で実行しています。

Content Creation Winstone 2002で測定されたハイエンドアプリケーションの実行時のパフォーマンスも許容され、Scenic S2は29.2のスコアを返します。ここの主なボトルネックはおそらくシステムのRadeon 7000グラフィックスカードで、3D Mark 2001で1,495点の適度なスコアを提供します(最先端のスコアは約8,000です)。このシステムは、コンパクトな寸法のため、薄型のグラフィックスカードしか使用できませんが、Matrox Millennium G450 DVI、nVidia TNT2、またはGeForce2 MXで利用できます。

マザーボードの1つのスロットに装着されているPCIカードも、「ロープロファイル」、ハーフハイトフォーマットでなければなりません。ケースの内部へのアクセスには、2本の手用ネジを使用して工具不要です。 AGPおよびPCIカード、およびハードドライブは、プラスチッククランプで固定されています。それ以上のドライブの余地はありませんが、1つのメモリスロットは空いたままです。

インストールされた7,200rpmのMaxtorハードドライブは20GBの容量を提供し、優れたパフォーマンスを発揮します。唯一の光ドライブはMitsumiのスリムライン24スピードCD-ROMですが、DVD-ROMドライブもオプションです。

Fujitsu-Siemensは港湾拡張に寛大であった。正面には2つのUSBポートとマイクとヘッドフォンジャックがあります。これらの横にスマートカードのスロットがあります。スマートカードを挿入すると、オプションの関連PINを使用してシステムを保護できます。これはBIOSで有効になりますが、セットアップが特に複雑ではありません。

リアパネルにはさらに2つのUSBポート、ゲームポートとオーディオ入出力、1つのパラレルポートと2つのシリアルポート、VGAポートとキーボードとマウス用の2つのPS / 2ポートがあります。

Scenic S2は、Windows XP Professional / 2000および/またはWindows 98 / MEの二重インストールで利用できます。 Windows XPはレビューシステムにプレインストールされていました。さらに、ウイルススキャナF-Secureは、1年間のアップデートで、標準構成でバンドルされています。温度管理ユーティリティはCDで提供されていますが、プリインストールされていません。

Fujitsu-Siemensは、Scenic S2の3年間の保証を提供しており、スペアパーツの可用性は5年間保証されています。

Microsoft Sprightly、First Take:スマートフォンに魅力的なコンテンツを作成する

Xplore Xslate D10、First Take:挑戦的な環境のための厳しいAndroidタブレット

Kobo Aura ONE、First Take:8GBの大容量電子書籍リーダー

Getac S410、First Take:タフで屋外にも快適な14インチノートパソコン