Aussie CSPの認識は、SaaSビジネスを成長させることを目指しています

2003年に設立されたキャンベラベースのクラウドサービスプロバイダー(CSP)であるiCognitionは、特に連邦政府および州政府部門において強力な情報管理顧客基盤を誇っています。

上って来るオーストラリアの雲の戦い人

Aussie CSPの認知度はSaaSビジネスの成長を目指す、CloudCentralの成長とASXのデビュー、Fluccs – 登録名Flying Haggis – 目の国の拡大

iCognitionのCEO、Joe Mammoliti氏は次のように述べています。「政府だけでなく商業企業もコンプライアンス時代に入っています。

Diemとして知られている独自のコラボレーション・インターフェースに加えて、iCognitionは、HPの記録管理ソリューション、TRIM、およびMicrosoft Sharepointの設計とソリューションの実装を提供します。また、企業レベルでの記録保管のための「高度な戦略と範囲」に関するアドバイザリー・サービスも提供しています。

エンタープライズソフトウェア、Sweet SUSE! HPは、LinuxディストリビューションであるCloud、Twilioは新しいエンタープライズプランを展開してより俊敏性を約束する、Cloud、Intel、Ericssonがメディア業界にフォーカスするためにパートナーシップを拡大する、Cloud、?XeroはBPay支払いのためにMacquarie Bank

このアプローチは、現在約50の顧客基盤を引きつけています。クライアントには、国防総省、インフラストラクチャー、農業、漁業、林業などのいくつかの重要な連邦政府部門が含まれています。

iCognitionのIT業界パートナーには、Microsoft、HP、Oracle、Macquarie Telecomなどがあります。このビジネスの23人の常勤スタッフは、昨年6百万豪ドルの収益を上げました。

R&Dは、特にビジネスアプリケーションのラインナップに大きな焦点を当てています。 Mammolitiはビジネスを成長させることを決定し、政府の雲の捉え方をチャンスとみなしています。この推進に合わせて、iCognitionはクラウドベースの電子文書レコード管理システム(EDRMS)を開発しました。

Nigel Carruthers-Taylor氏は、政府の調達プロセスの新しい傾向に対応して、政府のDCaaS MULに参加することが「マーケティングアプローチ」の一部であると指摘しています。

現在、iCognitionには3つのクラウドクライアントがあり、そのうちの2人はMULの発行後に出席していますが、クライアントはまだリストにアクセスしていません。

Carruthers-Taylor氏は、「ますます多くの人々がクラウドサービスソリューション、特に小規模な機関を望むことになるでしょう。クライアントは、特定の州または地域内にサーバーが設置されているプロバイダが必要であり、iCognitionには既にそのようなことができるパートナーがいることを強調しています。

iCognitionのクラウドクライアントの基盤は小規模ですが、情報管理における数十年にわたる経験と知識に加え、いくつかの主要な政府機関の顧客が政府機関からSaaSビジネスを獲得するための安全な基盤になると考えています。

甘いSUSE! HPEがLinuxディストリビューションに突入

Twilio、新しいエンタープライズプランを発表

インテル、エリクソン、メディア業界に注力するためのパートナーシップを拡大

?Xero、BPAY支払いのためにMacquarie Bankと提携