シスコはコラボレーションラインナップを発表しました。

シスコは水曜日、企業市場をターゲットとしたコラボレーション・ポートフォリオ、特にMicrosoft SharePointの巨大企業を発表した。

シスコだけではありません。今週の初めのOracleではBeehiveが発表されました。オラクルは、BeehiveはSharePointとの直接的な競争相手だとは言いませんが、確かにそのように見えます。 Oracleは、SharePointとLotus Sametimeの間のスペースをIBMから奪い取っています。

シスコの努力(声明)は少し異なりますが、目標は同じです.340億ドルのコラボレーション市場をターゲットにしてください。その市場には、統一されたコミュニケーション、テレプレゼンス、Webミーティング、旅費やその他の経費を節約できる技術があります。大手ベンダーが一般的なWebアプリケーションとビジネスシステムを組み合わせることを目指しているため、すべてが幅広い “Enterprise 2.0″の傘の下にあります。シスコは、JabberやPostPathなどの企業を買収し、コラボレーションポートフォリオを完成させています。

シスコのコラボレーションラインナップは、2009年初めに入手可能です。

エンタープライズソフトウェア、?TechnologyOneは、農業、共同作業、現在のデジタルワークプレイスの構成原理とは何か、企業ソフトウェア、Sweet SUSE! HPEは、Linuxディストリビューション、Enterpriseソフトウェア、Appleが9月13日にiOS 10をリリース、macOS Sierraを9月20日にリリース

シスコのユニファイドコミュニケーションシステムリリース7.0(右)。電話オプションを組み合わせています。 7.0リリースは、IBMおよびMicrosoftのデスクトップソフトウェアとの統合性が高く、外出先でWindows Mobile、Symbian、およびBlackBerryオペレーティングシステムをサポートします。 Dan Farber氏は、現時点ではCiscoがAndroidをサポートする予定はないと述べています。

間違いなく同社の最もホットな製品であるCisco Telepresence。ここでは、ユニファイドコミュニケーション、コールセンター、テレプレゼンスを組み合わせることを目的とした、Cisco TelePresence Expert Demandを紹介します。一例として、シスコは、小売銀行がそこにいなくても銀行顧客に個人的なサービスを提供できると述べた。

また、インスタントメッセージング、Web会議、その他のWeb 2.0アプリケーションを結びつけるサービスとしてのソフトウェアであるCisco WebEx Connect(以下)。

シスコは、企業が外部および内部のソフトウェアでマッシュアップを作成できるように、さまざまなアプリケーションプログラミングインターフェイス(API)も提供しています。シスコのマッシュアップのコメントは、より多くのコンシューマ技術を企業に採用し、内部情報にそれらを結びつけるための広範な動きのもう一つのデータポイントです。

Cisco CIO Rebecca Jacobyのビデオは、同社が内部でコラボレーションツールをどのように導入しているかを示しています。

?TechnologyOneは農業に6.2百万豪ドルを調印

今日のデジタルワークプレイスの構成原理は何ですか?

甘いSUSE! HPEがLinuxディストリビューションに突入

Appleは9月13日にiOS 10を、MacOS Sierraは9月20日にAppleをリリースする