シスコ、ネット通話機器メーカーを迎える

ネットワーク機器メーカーは、シプラの技術を使って、Linksysのホームネットワーキング部門の製品に、より多くの音声機能を統合する計画だと発表した。 Linksysは、小規模企業だけでなく、家庭や在宅勤務用のワイヤレスおよびネットワークハードウェアを提供しています。シスコは、2003年にLinksysを5億ドルで買収し、消費者市場に参入した。

VoIP(Voice over Internet Protocol)技術を使用すると、通常の電話回線ではなく、ブロードバンド接続で電話をかけることができます。独立したサービスプロバイダー、ケーブル事業者、および従来の電話会社がサービスを提供し始めると、消費者VoIP市場は今後数年間急速に成長すると見込まれています。

シスコはすでに電話アダプタとワイヤレスホームルータにVoIP機能を組み込んでいます。この技術の大部分はシプラ社からのものでした。

カリフォルニア州サンノゼのネットワーク大手は、Sipuraの買収を利用して、Linksysの家庭部門のVoIP機能と製品をさらに開発する計画だと語った。

シスコはコンテナのスタートアップContainerX、イノベーション、リオオリンピックの技術遺産、インターネットの購入、シスコは最新のリストラで5,500人の雇用を削減する、ネットワーキング、シスコは最大14,000人のスタッフを雇用する:レポート

シスコの最高技術責任者(CTO)でLinksys社の社長であるCharles Giancarloは、シスコとLinksysの革新と成長のための戦略的セグメントであると述べています。「Sipuraの技術を追加することで、

購入は7月末までに終了する予定です。

シスコ、コンテナのスタートアップコンテナを購入

リオオリンピックのハイテク遺産

シスコは最新のリストラで5,500人の雇用を削減する

シスコは、最大14,000人のスタッフを雇用しています。