空力シミュレーションスーパーコンピュータのための防衛入札

国防総省の防衛科学技術グループ(DSTグループ)は、空力シミュレーションをサポートする高性能スーパーコンピュータを探しています。

DSTグループは、コンピューティング・フルード・ダイナミックス(CFD)シミュレーションを実行するデータ・ストレージ・ソリューションを含む、高性能コンピュータ・クラスタを購入する予定であると語った。

入札の一環として、Linux互換のソフトウェア、64ビットCentOS 6またはRedhat 6オペレーティングシステムのいずれかを要求し、計算ノードは同種でなければならず、各計算ノード内でx86-64プロセッサを使用する必要があります。入札者は、各CPUの標準的な非ターボ周波数は2.6GHz以上であり、メモリはCPUに最大メモリ帯域幅を供給しなければならず、コア当たり最低3GiBを割り当てるメモリ容量を供給しなければならないと付け加えた。

DSTグループのデータセンターにインストールするシステムは、CPUのみのx86-64ベースのクラスタである必要があります。これは、停電時に電源を必要としないほど「頑丈」であり、入札者は言った。

入札は10月26日に閉鎖され、契約発表は現在12月1日に予定されている。

オーストラリアの気象局(BOM)は、7月に米国のメーカーCrayと7,700万豪ドルのスーパーコンピュータ契約を締結しました。

新しいCray XC-40スーパーコンピュータは、2016年中旬にBOMで稼働し、2013年に稼動したSun Microsystemsの古くなったマシンを置き換える予定です。

Cray XC-40スーパーコンピュータは、大規模で複雑なアプリケーションを実行し、50万以上のプロセッサコアに効率的に拡張できるように設計されたLinuxベースのオペレーティングシステム上で実行され、BOMにインストールされる特定のモデルは2,160個の計算ノード51,840個のインテルXeonコア、276TBのRAM、および4.3PBの使用可能なストレージを備えています。

今月初め、国防総省は、Armor Composite Engineering、Commonwealth Scientific and Industrial Research Organization、Micro-X Ocius Technology、キャンベラ大学、BOM、およびDeakinの7つの組織の間で、1420万オーストラリアドルの投資を分割すると発表しました。大学。当局は、この資金提供は、新しい防衛技術能力の開発を支援することを目的としていると述べた。

7つの組織は、オーストラリアの研究開発機関に新しい技術コンセプトを提出することを奨励するために1997年に設立されたCapability and Technology Demonstratorプログラムの第19ラウンドの資金の一部として、連邦政府が受け取った96の提案の中から選ばれた防御の能力を強化するために潜在的に使用される可能性がある。

ビッグデータ分析、Big Data Analytics、DataRobotはデータサイエンスの欠点を自動化することを目指している、Big Data Analytics、MapR創設者のJohn Schroederが辞任し、交換するCOO

Kevin Andrews前国防相は、このプログラムが設立されて以来、118のプロジェクトに270百万豪ドルを投資し、そのうち104のプロジェクトが技術の実現可能性を実証したと述べています。

先月、DSTグループは、仮想現実(VR)とその潜在的な将来の適用を探検するための調査を、防衛隊内で開始した。同部はカリフォルニア州のVR製作者であるオクルス社(Oculus)とチームを組んで、最大60名の防衛民間人と軍人を含む調査を行った。この研究は、軍事環境における訓練、教育、および成績を改善するために実施された。

DSTグループは、技術監視を維持するために防衛をサポートしています」と、DSTグループの広報担当者は当時のWebサイトに語った。「これは、低コストのVRなどの新興テクノロジーの理解と評価を含む。

LinkedInが新しいブログプラットフォームを発表

これはBig OLAPの時代ですか?

DataRobotは、データサイエンスの果実の低さを自動化することを目指しています

MapRの創設者John Schroederが辞任し、COOが辞任